名探偵ポワロ

アガサ・クリスティ原作の、私立探偵エルキュール・ポワロの事件をイギリスでドラマ化したDVDです。

短編から長編まで、さまざまです。

三年ほど前に、完結しました。

「原作に忠実」というわけではありませんが、主人公エルキュール・ポワロは、エリザベス女王も認める「原作そっくり」で、まずここに惹かれます。

イギリスの中で、ベルギー人であることに誇りを持つポワロを、ユーモアも交えながら描いてあるところも、ウイットに富んでいると思います。脇を固める俳優さんもとても素敵です。時代背景をよくしているため、古き良きイギリスを表していて、女性のファッションもとても素敵だと思います。イギリス人の考えや、時代の流れも伺えるのは、歴史好きにもたまりません。

物語は、クリスティ原作ですから安心して見られる重厚さと、奇抜さがあり、飽きることがありません。結末を知っていても、何度も見られるドラマの作りになっていると思います。

後期の作品には、「面白さ」「トリック」に焦点を当てるだけでなく、若い女性、男性、子どもたちの未来を、ドラマの中で幸せに変えていこうという意志さえ感じました。その辺りも、クリスティの意思を継いでいるようで、ファンにはたまらないところです。グッとくる場面、セリフがいくつかあり、私自身も救われた気持ちになりました。

古き良き時代、古き良きイギリス、アガサ・クリスティという文豪の作品を、ここまで楽しく、深く、それなりに忠実に作り込んである、素敵なDVDだと思います。